最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

恒例のシリーズとなった本田晋一の
【なぜシリーズ】

以前の何故シリーズはこちらから☆

今回のテーマは

以外と知らない!なぜコテやアイロンで髪の毛が痛むのか!?

でございます。

なんとな〜〜くコテやアイロンを毎日使うと
髪の毛が痛む!パサパサする。

IMG_7935.JPG

そう思ってる方が多い。

今や女性のおしゃれには欠かすことのできない、ヘアアイロンコテ

中学生の子もバンバン巻いてますからね☆

1つあると、いろいろなヘアアレンジができたり、便利なんですよね。

しかし、ヘアアイロンコテは髪が痛むといわれています。

ではなぜ髪の毛が痛むのかを簡単に
説明させてもらいます☆

ヘアアイロンやコテは髪が痛む理由は熱です!

髪の成分であるたんぱく質に非常に弱いものなんです!

潤いのあった髪も、ヘアアイロンやコテなどの熱がかかることで変性してしまい、

固まってしまい、水分が失われ、痛んでしまうのです。

これを【タンパク変性】といいます!!

髪をつくるたんぱく質は、60度から変性するといわれています。

ですから、それ以上のを長時間髪にかけないことが大切です。

200度以上になると、髪の成分も溶け出してしまうといわれています。

 

髪の毛がにさらされると、髪内部のたんぱく質が変質する「タンパク変性」という現象が起こります。

例えば、卵をイメージしてみてください。たまご
フライパンで生卵を焼くと、白身と黄身が固まりますよね?

 

 

20120708_643155

 

 

 

 

それと同じように、髪のたんぱく質を加えると硬くなります。

髪を長時間高温にさらすと、たんぱく質が硬くなると同時に髪の中に小さな空洞ができて、
ここから髪が裂けたり切れたりします。

枝毛や切れ毛を作らないためには、

ドライヤーヘアアイロンを必要以上に使わないよう注意しましょう!!

コテヘアアイロンタンパク変性を起こしやすい道具!!

髪の毛のタンパク変性は60℃から始まり、

110℃以上になると危険急激に髪が硬くなります!!

250℃ではキューティクルが溶けてしまいます。

IMG_7937.JPG

なのでコテヘアアイロンは上手に使わないと髪が傷みますよ!

使うのなら、温度設定とあてる時間に気をつけてできるだけダメージを少なくするよう心がけましょう。

それでもダメージをきにしちゃう
そこのあなたに朗報です!

ありますよ!【痛まないコテ!】

ドライヤーもあります(⌒▽⌒)

コテはこちら☆

これはなかなか最新ですよ(⌒▽⌒)

IMG_7982.JPG

IMG_7981.JPG

気になる方は是非
本田にお問い合わせください☆

では。

以前のなぜシリーズはこちらから☆

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク