外国人風カラーやアッシュグレーなどをオーダーする時大切にしてほしいこと。

スポンサーリンク

週間人気記事はこちらから♪

大阪で美容師をしている本田です。
最近はヘアカラーをされるお客様が沢山ご来店頂けることに感謝感激しています。

いつもありがとうございます。

さて本日はそんなお客様に参考になる成りたいヘアカラーのオーダーについてです!

黒髪又は暗めの髪色の方がヘアカラーのオーダーをする時のポイント

良くあるお悩み相談に

「アッシュにしたいとオーダーしたけど思った通りにならなかった」

「アッシュグレーにならなかった」

「透明感のあるカラーにならなかった」

というご相談があります。

こんな感じや

こんな感じなどの圧倒的アッシュグレーなどのヘアカラーは特に人気です。

こういったヘアカラーをご希望されるお客様もすごく多いのですがこういったヘアカラーにされる場合にはかなり条件が必要です。

圧倒的に土台が全て

こういったハイクオリティーなヘアカラーは色味を入れる前の土台が全てです。

毛先をブルーがかったアッシュグレーにする場合には

最低でもこれくらいの土台が必要になります。

これは1度のブリーチでは作れない場合が多い

ブリーチって明るくするものですが、もし1度もヘアカラーをされたことない方

これくらいからのスタートであれば1度の土台づくりでは土台は完成しません。

黒髪や黒に近い茶色の方は1度のブリーチではオレンジ味が消えないからです。

ではもう一度ブリーチすれば土台は作れるのか?

答えは否です。

ブリーチするだけでは髪の赤味や嫌な黄色味はとれないんです。

もしできる髪の毛があるとすれば

【軟毛・細毛】

この方のみです。あとの方は一回のヘアカラーでは土台は作れないのです。

ではどうすればいいのか?

本当に綺麗なアッシュグレーなどの色にされたい黒髪・暗めの茶髪の方。

まずは【土台づくりに専念すること】

これをオススメしてます。

プロセス的にはまずは明るくする。
これは希望の明るさによってブリーチが必要な場合があります。

そして2回目のカラーでは赤味や黄色味の消せる濃いめのアッシュグレーなどで仕上げる。

次に染めやすくなる土台を作るのです。

仕上がりイメージでは

こんな感じや

こんな感じは再現可能です。

それでも1日で圧倒的アッシュグレーを作りたい方は3回染めが必要です!!!

でももっとグレーにしたい!
もっと透き通る感じにされたい方は

3回染めなら再現できます。

プロセス的には

1、まず明るい土台を作る
2、赤味や黄色味をとるカラーをする

これで土台完了なので

3、希望の色味を入れる

すると

こんな感じや

こんな感じの透け透けな透明感が手に入ります。

3回染めになると料金も上がります。時間もかかります。

(カラーのみでも15000円〜色味によっては20000円ほどかかります)

クオリティーを上げるには必要なプロセス!

しかしそれくらいしっかりとプロセスを踏まないと再現できないヘアカラーなのです。

この3回染めが必要なプロセスを強引にダブルカラーなどでしてしまうと冒頭でお話ししたお悩み、、、

「アッシュにしたいとオーダーしたけど思った通りにならなかった」

「アッシュグレーにならなかった」

「透明感のあるカラーにならなかった」

こういったことが起こります。

時間もお金もかけたのに思った感じにならなかった、、、

といったことにも。

切ないですよね。

圧倒的クオリティーは一気には再現できません!

現状のヘアカラー履歴によって再現できる色と再現しにくい色と存在します。

僕ら美容師はお客様の成りたいを叶えて差し上げたいという想いは持っています。

しかし成りたいを叶える為に必要なプロセスが一回のカラーでは再現できないのも現状です。

髪の毛って本当に難しいものなんです。

無理にカラーを繰り返し必要以上にダメージが出ることは避けたほうがいいです。

なので1日では本当に成りたいヘアカラーにならないことも多いかと思います。

成りたいヘアカラーになる為のプロセスを計画的にご提案しています!

1日でならなくてもしっかりと土台を作っていくことは可能です。

繰り返していけば必ず成りたいヘアカラーにすることが出来ます。

そのプロセスをお客様と一緒に歩んでいけたらと思っています。

その日に完成させたい気持ちは痛いほどわかりますが、土台が出来ていなければ非常に難しいのです。

3回染め、4回染め。そういったものに対してはお時間、ご予算がある方であれば喜んで対応させてもらいますのでご相談ください。

最近流行りのネイビーやパープルもご注意を。

ちなみにもし黒髪や暗めの茶髪の方が

この様なカラーにされたい場合のプロセスは

このような土台が必要になります。

1、全体をブリーチ
2、足りなければもう一度ブリーチ
3、赤味や黄色味をとる色素調節のカラー
4、希望の色味を入れる&カラーバター

4回染めプラスカラーバター料金というかなり時間のご予算が必要になります。

こういったかなりのアッシュグレーにブルーやネイビーのインナーカラーを入れたい場合は

このような赤味の全くないハイトーンの土台が必要になりますので

1、1度明るくする(ブリーチがいる場合も)
2、赤味をとる色素調節
3、アッシュグレーに染める&ブルーのカラーバター

という3回染め&カラーバター料金とこれも時間とご予算が必要になります。

土台があれば一気に難易度は簡単に!

1日で作ろうとせずまずは

これくらいの透明感の高いヘアカラーから挑戦するのもいいかなと思います。

これはダブルカラーで再現可能です。

この土台があれば次回のカラーのときにもっと成りたいヘアカラーに簡単なプロセスで再現することが可能になりますので。

圧倒的クオリティーを手に入れる為にしっかりとしたプロセスを

誠心誠意カウンセリングなどでお答えさせてもらいます。

無理にヘアカラーをしても上手くいくことなんてありません。

余計にお金もかかります!

しっかりと段階的にであったとしても圧倒的クオリティーの為にご提案させて頂きますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事をシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

 

最近は一週間のご予約がかなり取りにくくなっています。
お早目のご予約をお願いしたいのと同時にご予約の目安にして下さい。

本田晋一のご予約状況はこちら

 

本田晋一のFacebookをフォローしよう

facebookでも情報発信しています。
フォローしておくと為になる情報をGetできます!
ポチッと押してやって下さい。

↓ ↓ ↓

 

 

 

LINE@にてでご予約、ご相談もできます!

友達追加をすれば簡単にご予約や、ヘアスタイル相談が気軽にできます!友達追加するだけならこちらにはお客様の情報は一切わからないのでお得な美容情報を安心してGETできます。

こちらをクリックして友達追加!

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

今日のおすすめ記事はこちら

お悩みをお持ちの方はこちら

   
 
 

この記事を見た人は以下の記事も見ています