最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

毎回毎回ヘアカラーを悩んでる方は意外と多いのではないでしょうか。

思い通りのヘアカラーを手に入れることは女性にとって日々のライフスタイルには欠かせない究極のお洒落だと思います。

どうも大阪でヘアスタイルに似合うヘアカラーを提供する美容師「本田」です。

さてさて。何と言ってもかなりの確率でオーダーされるヘアカラー

外国人風カラー・アッシュグレー・赤味抹殺

日々沢山の女性の方が【成りたいヘアカラー】として全国でオーダーされていることでしょう。

でもどうですか?

よくよく考えてみて下さい。

なんで外国人風カラーにしたいんですか?

流行っているから?
周りがしているから?
外人になりたいから?

色々な想いがあるとは思います。

そもそも【外国人風カラー】って何?

外国人風カラーとは名前の通り、外国人のような色味の髪を作るカラーのことです。

日本人の髪の毛は黒い。どっちかというと赤味を強く帯びた茶色。

外国人のようなくすみ感や透明感が出にくくどちらかというと赤味が強い日本人の方はとても表現しにくいヘアカラー。

だからこそ憧れや、やってみたい!という方が非常に多いのではないかなと思います。

ではそんな外国人風カラーにしたいと美容院でオーダーすると

●思ったのと違う
●明るすぎる
●暗すぎる

こんなお悩みをお持ちの方も多いはず。

外国人風カラーの色味の代表は【アッシュ】ですよね。最近のキーワードでは

アッシュグレー
ブルージュ
ミルクティー
グレージュ

こんなとこでしょうか。

●光が当たると透明感やくすみ感が出る。
●髪の毛が柔らかく見える
●赤味がない

そんなとこです。

ではそんな外国人風カラーのオーダーの仕方について少し学びましょう。

ブリーチいる?いらない?

これはかなりの方が気にしていることだと思います。

ブリーチは髪の毛にかなりの負担をかけます。
最近では痛まないブリーチなどもありますがそれでも髪の毛にとってはデメリットも沢山あります。

綺麗な色にはなるけど色が退色するとかなり明るくなる。

職場などで明るさの規定がある方はまず無理ですよね。

金髪ヤンキーになるのが嫌な方はとても多いのではないかと思います。

あと根元が伸びてきたらすぐ気になる!とかもね。

そもそも外国人風カラーをするのにブリーチをしないといけない理由ってなんなんでしょう??

知ってますか?

髪の毛の赤味を無くすため

はい。これしかありません。

綺麗な外国人風カラーにするには髪の毛の赤味が天敵です。

透明感を出すには赤味が邪魔になります。

それ故に上の画像の様に赤味やオレンジ味が残りすぎているとアッシュで染めても赤味が消えきらない現象が起こります。

これが失敗する理由です。

赤味が残りすぎていると外国人風カラーにならない

こういったヘアカラーには赤味は全くありません。

赤味を無くすことが最優先事項であり必須プロセスになります。

言うなれば

赤味がなくなりさえすればブリーチはいらない

ということになります。

僕の担当させてもらっているお客様でもブリーチのいる方といらない方がおられます。

その判断基準は

⚫️赤味がどれくらい存在しているか
⚫️仕上がりの明るさはどれくらいか

この2点でブリーチを使うか使わないかを決めています。

いくつか挙げてみます

ブリーチがいる場合

ブリーチがいる場合の共通点は

⚫️明るく仕上げたい方
⚫️黒染めしてる方
⚫️毛先を白くしたい方
⚫️ハイトーンのグラデーションカラーにしたい方

ブリーチがいらない方

ブリーチのいらない方の共通点は

⚫️もともと明るい
⚫️何度もアッシュグレーにしている
⚫️髪の毛に赤味が少ない
⚫️暗めに染めたい

こんなとこです。

成りたい自分によっているかいらないかを判断しよう!

必ずしもブリーチは入りません!場合によっては必須の場合もあります!

こういったことは自分ではなかなか判断がつきません!毛髪診断はかなり難しいのです。

ですから信用できる美容師さんと必ずしっかりとカウンセリングをしましょう!!

僕自身沢山のお問い合わせをLINE@から頂きますが

⚫️成りたい仕上がり像
⚫️現在の状態
⚫️過去の履歴

こういったことを必ずお聞きしています。

それによってブリーチが必要か必要でないかを判断しています。

実際にご来店された時にもう一度実際に見て、触って判断しています。

できる限りはブリーチは避けたいので。
やはりダメージが出ますからね。

外国人風カラーにはやっぱりアッシュグレー?

これは僕の考えですが・・・

外国人風カラーにする為に1番必要なことは

髪の赤味をいかに消すか

ということを最優先に考えてます。

赤味を消すのに1番の補色は【緑】マットです。

「だったらマットにしたらいいんじゃね?」

僕も昔はそうでした。
とりあえずマットぶち込め〜みたいな。

でも自分的にはやっぱりもっとクオリティーを上げたいと思いまして考えました。

赤味も決してなおかつ最大の透明感を

緑が強すぎるとどうしても透明感が出にくい感じがしました。

かなり濃いめに染めるときはあえて緑っぽい感じにすることもあります。

色味が退色すると透明感がでてくるので。

そういった場合を除いて大抵アッシュグレーを提案するのは

【赤味のない最強の透明感】

を提供する為にアッシュグレーをご提案しています。

赤味のないアッシュグレーは艶も透明感もMAXです。

本田晋一はそんな美容師です。

これは僕の思う独自の思考なので僕が正解ではないので勘違いしないで下さいね。

美容師さん1人1人に理想のイメージがあります。
それでいいんだと思います。

外国人風カラーとはそれくらい曖昧なもの

ということです。
僕らは日本人なので外国人ではありません。

髪質も違えば、持っている色素も違います。

ですからこれが外国人風カラーだ!!っていう正解はありません。

〜〜〜風ってそんなもんだと思います。

ですから自分の外国人風のイメージをここに記しておこうと思いました。

もちろんご要望があってそれがお客様に似合うと判断すればかなり濃いめのマット(緑)や普段しないような色味もさせて頂いてます。

その辺はしっかりとカウンセリングさせて頂いてますのでご安心下さいね。

お客様のライフスタイルが少しでも今よりhappyになります様に。

外国人風カラーやアッシュカラーに参考になるコンテンツ

合わせてご参考下さい。

では。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク