最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

先日にこんな投稿しました。

来年の春を目処に今働くお店をヘアカラーに特化したお店に変えます。

ヘアカラーに特化した内装や、外装に。
商材や取り扱う商品も。

ヘアケアにも力を入れます。

色々なことを進化させ、より価値を提供できるようにします。

そこで募集したいと思います。

ヘアカラーに特化した美容師パートナーを募集

一緒にお店を創っていけるパートナーを募集します。

今回はお店を変えるに当たり色々とシステムも変えていきます。

募集したい人はとにかく

ヘアカラーが大好きな人

です。

ヘアカラーが大好きで極めたい!

色々な事にチャレンジしたい。

自分のヘアカラーでお客様にご来店して頂きたい。

そんな想いを持ってる方。
一緒に働きませんか?

今回募集するのは美容師さんです。

その中でも必須項目というか一緒に働く上での条件がもう1つ。

インターネットを活用する方限定

僕はお客様と繋がる美容師です。

それは来店時だけでなく、お客様が普段のライフスタイルのなかでも繋がっていられる美容師の事です。

お客様がお店にいない時でも繋がる為に必要なことはインターネットを活用することです。

今はブログやインスタ、Twitterなどお客様がインターネットを活用されています。

そこに為になる情報を発信し、またLINE@などを使いリアルタイムにお問い合わせをし、いつでも繋がれる事がとても大切だと思っています。

だからこそSNSは必須なんです。

逆にSNSをもっと活用したい!

そんな美容師さんはバックアップしながらより活用できる環境にできると思います。

自分自身に時間投資できる環境

SNSを使う。

ブログやインスタを投稿。

これって言葉では簡単だけどやるのってやった人にしかわからないんです。

お客様の為になるコンテンツを1つ作るのに一体どれだけの労力が必要なのか。

1記事ブログを書く為に準備で数時間、記事を書くのに数時間、合計4.5時間かかってしまうことだってあります。

その労力って直ぐには効果なんてでない。

でもその大変さはやってる人にしかわからないんです。

よくSNS活用の話のアドバイスをさせて頂くのですが多くの場合それは環境が対応して居ない事が多く、その人個人にゆだねられれます。

普段取り組むべき業務や会議、レッスンを見たり自分自身も取り組む。

その合間にSNSをプラスするわけですから並大抵のことでは続けれません。

ましてやそれがお店で数人とかならなおさらです。

だからこそ僕のお店ではそんな温度差をなくす為にそもそもSNSを活用する人しか居ない環境を作ります。

無駄な会議などもなし。
レッスンも自分の為にする。

もちろんわからないことは僕が全部バックアップしますし、横の美容師さんと繋がりを作りフォロー体制は作ります。

サロンワーク時間内に出来ることを効率的にし、空いた時間はコンテンツ作りをする。

お客様の為に発信することの方が価値があると思っているからです。

給料体系や働き方も変える

美容師として個人でお客様を連れてくることはそれだけで価値のあることです。

SNSを活用して個人集客の場合の手当てなどももちろんつきます。

固定給がいいのか歩合制がいいのかも一人一人求めるところも違います。

だからこそはじめの時点でそういったところも話し合いお互い納得のいくところでスタートしたいと思います。

なので給料に関しても働き方に関しても現段階のその人の力量で変わります。

そのあたりは個人でやり取りをしっかりとしたいと思います。

まずはヘアカラーが大好きな人。

ヘアカラーでブランディングしたい方を待っています。

全面的にバックアップします!

●ヘアカラーが大好きな人
●ヘアカラーで個人ブランディングしたい人
●関西でヘアカラーに特化した集団になりたい人
●稼ぎたい人
●美容師として好きなことをとことんやりたい人

一緒に最強のお店を作りませんか??

まずは話をしたいだけでも全然OKです。

https://line.me/R/ti/p/%40kgg9444i

こちらのリンクからLINE@に登録できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク