最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

大阪の阪急曽根駅前にある美容室イクシェル豊中店の本田晋一です。

最近デザインカラーを多くさせてもらっていますがその中でもカラーバターを使ったカラーをまとめました。

カラーバターを使ったカラーのメリット、デメリット

基礎知識はこちらから

【関連記事】

【カラーバター?】【マニキュア?】【マニパニ?】結局どれがいいの?お勉強の時間です。@大阪@豊中

メリット

なんせ可愛い&個性的

まぁこれは見たまんまです。

色んな色で遊べる

絵の具のように多彩な色が楽しめます。

色を入れるだけならトリートメントなので髪に優しい

これはあとでデメリットでも追記がありますが。

とりあえず言えることは

見たまんま可愛いのと周りと差をつけれること

デメリット

本田は美容師なのでデメリットも本当のことを言います。

ブリーチがマストなのでダメージが大きい

これはカラーバターをのせる前の土台で必ずブリーチがいるということです。

レベル的には15レベル以上が必要なのでそれ相応のダメージは覚悟がいります。

色持ちが悪い

カラーバターは髪の内部まで入って染まるわけではなく、表面に付着がメインのトリートメントです。

それ故、毎回のシャンプーで色がどんどん落ちます。

カラー用のシャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントなどサロン専売品の商品を使ってももって一カ月と思ってください。

(言い換えると、毎月色んな色が楽しめるということでもある)

なんだかんだで料金が上がる

通常のカラーと違い、ベースを作らないといけないことが多いので二回染めが基本になります。

よって料金が上がります。

1番のポイントは

色持ちがあまり良くない

しっかりと自宅でのケアが必要になります。

それをも凌駕する可愛さがある

ここが大切なことなんだと思います。

よってこれらを踏まえた上でやりたい方は超絶おすすめしますので是非ご相談くださいね☆

沢山のまとめたものを下記でご紹介します☆

ではいきましょう!

トロピカルフルーティーカラー

カラーバター使用♫トロピカルフルーティーカラーにしました!【ちあきさん】の髪。

究極のブルー&グリーンのグラデーションカラー

これぞ究極のブルー&グリーンのグラデーションカラー【あすかさん】の髪。

ピンクパープルのグラデーションカラー

カラーバター使用♫ピンクパープルのグラデーションカラー【あゆみさん】の髪。

“レインボーカラー”の真骨頂!【パステルパープルカラー】

“レインボーカラー”の真骨頂!【パステルパープルカラー】@大阪@豊中

modelの”夏海”みたいな【なないろカラー】

modelの”夏海”みたいな【なないろカラー】インスタみて初めてのご来店【ちあきさん】の髪。

【ネイビーブルーのグラデーションカラー】

【ネイビーブルーのグラデーションカラー】ななちゃんのネクロマンサー大変身♪と以上な近眼の持ち主。

【パステルパープルのグラデーションカラー】

【パステルパープルのグラデーションカラー】アーティストのchaki kohara(チアキコハラ)さんの髪。

【パステルピンクグラデーションカラー】

【パステルピンクグラデーションカラー】カラーバター仕様♬【はるなちゃん】の髪。

究極降臨!【アッシュグレー】と【ピンクパープル】の外国人風グラデーションカラー

究極降臨!【アッシュグレー】と【ピンクパープル】の外国人風グラデーションカラー♬【あかねさん】の髪。

パステルパープルグラデーションカラーの全て。

パステルパープルグラデーションカラーの全て。@大阪@豊中

良かったら参考にして下さいね!

では。

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク