最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

大阪の豊中市で美容師をしている本田です。

日々ヘアカラーのお悩みをLINE@で受付中です。

LINE@のご登録はこちら

友だち追加

お気軽にご質問お待ちしております。

日々お客様からのお問い合わせがあるのですが、
ご予約を頂いた方にはLINE@のことをお伝えし、事前カウンセリングしています。

最近はブリーチに対しての美容師さん側の認識もアールブリーチなどのケアブリーチでハードルが下がっているのでブリーチをされるお客様が増えていると思います。

それはSNSに流れている画像などを見て
なりたいイメージをお客様は決めてるので、そのほとんどがブリーチベースのものを気に入られる方が増えてるからです。

ご来店時にカウンセリングで

お客様
「こんな感じの色にしたいです」
とインスタなどを美容師さんに見せると

美容師
「この色味にするならブリーチしないとですね」

といったやり取りはこの数年で格段に増えました。

その中で特に多い内容は

髪の毛をグレー(シルバー)に染めたい

こんなオーダーが多いです。
その際ブリーチを提案されてそれならブリーチしますってなったけど仕上がってみたら

グレーにならなかった

というお悩みのご相談もよくお受けします。
その1つに

【ブリーチに対しての知識がほとんどない】

ことがあげられます。

ブリーチ後の退色の仕方
質感
色味の入り方
見え方

様々が今までのカラーと違うのでそのあたりを良く理解して染めないといけません。

ほとんどのお客様がここでの認識の違いで仕上がりとのギャップがでているので少しお伝えしたいと思います。

髪の毛をグレーにしたいは基本濃いめに染める

グレーという色味は基本無彩色です。

色味スケールで見ると

色ってこんな感じに色相環になってるんですが
ここにグレーって見当たらないですよね?

グレーっていう色味は

色の色相環とは違う場所にある
いわゆる

黒と白の間の色のことです。
無彩色の領域にあります。

単純に考えて人の髪の毛は
茶色
金髪
などもともと色があります。

そこに単純にグレーの色味をのせてももともとある黄ばみや赤みは消えないので結果ベージュっぽくなります。

なので髪の毛にある黄ばみや赤みを無くしてからでないと綺麗なグレーにはなりません。

赤みや黄ばみを打ち消すほどの色味を入れないとグレーにならない

のです。
だから僕はほとんどのお客様に

基本濃いめに染める

とお伝えします。

グレー系の色味はかなり色味を濃いめに染める必要があるので室内などてはかなり黒ベースに染めたては見えます。

光にあてると透けるイメージです。

髪の毛には赤味がブリーチを一度したぐらいではかなり残っているのでその赤味を抑え込むほどのグレーの濃さが必要になります。
なのでそこの濃さがないとベージュっぽいかんじになってしまいます。

色味は退色していくものなので始めは濃いめに染めるのがこの手のカラーの標準になってます。

グレーという色味はもう一度

こうゆう色味スケールなのですが
真ん中くらいの明るめのグレーは
最低でもブリーチ履歴が3〜5回ほどあり積み重ねないと作れません。

ブリーチ履歴が少ないかたは赤味が強いのでその赤を消しながら色味を入れるので

この辺りの濃さに仕上がります。

光に当たると透ける感じで定期的にブリーチを繰り返したり色味を積み重ねることでどんどん左側の方に仕上がっていくといった感じになります。

明るいグレーにしたいなら
ブリーチの土台は数回必要になります。

そしてブリーチ履歴が少ない場合の方は
効果的に赤みや黄ばみを消してから
グレーを染めるダブルカラーが必要になります。

実際に解説します。

Before

こちらのお客様の履歴

金髪にしてから、二度カラーをいれてそめたけどグレーで無く、くすんだベージュになったとのこと。
グレーで無いので後日また、カラーをいれてもらいました。

ところが今度は外で見るとグリーン、家の中でみると、茶色グリーンに見えている。

という状態です。

考えられることは

●一度のブリーチでは赤味が残りすぎている
●のせたグレーが薄い
●黄ばみのありすぎるところにグレーのみ濃くそまったので黄緑っぽくくすんだ。

ということだと思います。

僕のグレーの染め方は

1、グレーが綺麗に染まる土台を作る
2、効果的に濃いグレーをのせる

この2点をダブルカラーで再現します。

まずは土台から

効果的に黄ばみと赤みを取るために
スモーク系の色味とバイオレットを多めに入れて無彩色な土台を作ります。

一度流すと

少し明るめな無彩色カラー

ミルクティーグレーのような色味にしました。

そしてここに濃厚なグレーを濃いめにのせて完成。

仕上がりは

濃厚グレーになりました。
この濃いめにがポイント。

光に当たると赤みも黄ばみもなくグレーになります。

プロセスが大切です。

まとめ

効果的にグレーに染めるには

ブリーチは必要

 

でもその後に

グレーが綺麗に染まる土台を作ること

 

だと思っています。

無理に赤みや黄ばみのあるところから色味で調整しようとすると失敗しやすいです。

効果的なプロセスを踏むことでしっかりグレーになります。
後は

濃いめに染めること。

目的の色の明るさを求めすぎると色味が薄くなるので始めは濃いめに。

退色の過程でグレーをより感じれるように染めることで綺麗な色味が長く続きます。

退色も綺麗なカラーが1番オススメです。
そんなカラーをされたい方は一度ご相談下さい。

 あくまで本田流の染め方なのであしからず

上質で品のあるヘアカラーを意識しています。

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク