最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

大阪の豊中市で美容師をしている本田です。

ホワイトカラーに憧れのある方とても多いですよね。

ホワイトカラー。
髪の毛を白、もしくは白っぽくするカラーなのですが以外と簡単にはいかずかなりのプロセスを必要とします。

ホワイトカラーの難しい所は何と言っても

ホワイトカラーに必須なブリーチ履歴

ホワイトカラーに必要な土台の明るさは
17〜19レベルです。

数字を言われても分かりにくいと思いますが

こちらがレベルスケールになります。
通常ブリーチ履歴が1回の方の場合、

明るくなる限度が大体14レベルとかです。
(黒髪スタートの場合)

ブリーチには明るくなる限度があってそれを超えすぎるとダメージに繋がります。

1日に何度もするのではなく段階的にブリーチをしていくことでダメージを軽減できるので本田はそちらをオススメしています。

純粋にホワイトカラーの場合は

これくらいの土台が必要でブリーチ履歴は
3回以上必要です。

白っぽくなら15〜17レベルでいいので2〜3回のブリーチ履歴で再現できます。

土台が本当に大切!

このプロセスを無視しても白ベースには程遠いのでまずはブリーチ履歴を理解して、しっかりとした土台を作ることが大切になります。

髪の毛の中から

赤味

を無くすことで初めて再現が可能になるホワイトカラー。

今回はそのホワイトカラーを5選ご紹介します!

周りの人から褒められるホワイトカラーを是非オーダーしてみて下さい!

1)THROWの【ホワイト】を使って最高峰のホワイトグラデーションカラーが完成!!!

ホワイトを作るにはブリーチ履歴が大切です。
3〜5回のブリーチ履歴があり、根元からはグラデーションで染めることでとてもレベルの高いホワイトグラデーションを再現できます。

 

 

2)アールブリーチを使って髪の毛をホワイトグラデーションカラーにする!

アールブリーチを使うことで今までにないくらいダメージを抑えながらホワイトカラーを再現できます。

グラデーションにした方が外国人風に近づくのと伸びてきた根元もパキッとしないのでオススメです。

 

 

3)ホワイトミルクグレージュのハイトーン外国人風カラーが可愛い!!

ボブベースの方はグラデーションにするよりも全体にホワイトベースにした方が透明感が出やすいです。

ブリーチの積み重ねは必要ですがお洒落さは群を抜いて抜群です!!

 

 

4)白髪を染めながらアールブリーチでホワイトグラデーションを作ってます!

白髪を染めながらでもホワイトカラーは作れます!!

少しプロセスは必要になりますが計画的に積み重ねることでホワイトカラーを外国人風に仕上げることができます!!!

 

 

5)白髪を染めながらホワイトグラデーションのお洒落カラーにしたい!

こちらも白髪を染めながらホワイトカラーにしてます。

根元の白髪の部分は濃いめなグレーにすることで白髪も染めれます!

白髪がきになる方もトライしてみては?

 

 

まだまだあるホワイトカラー

僕の場合はホワイトカラーに関してはグラデーション気味に染めることがとても多いです。

根元からのホワイトカラーになるとブリーチを1ヶ月に一度は必要になるのでかなりの来店頻度が必要になります。

無理なくご来店して頂き継続的にホワイトカラーをされたい方はグラデーションに染めるのがオススメなんです。

 

 

ハイトーンにされたい方は是非アールブリーチの使用をオススメします!

【ガチ検証】ブリーチ革命!!本当に傷まない【アールブリーチ】がヘアカラーを変える!!

こちらに凄さを書かせてもらっています。

これは本当にブリーチ革命です!ダメージをかなり抑えてますので参考にして下さい。

最高にヘアカラーライフを提供します!

かなりハイトーンなお洒落カラー
ムラサキシャンプーなどを使えばホームケアもバッチリです!!

ご参考下さい。

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク