最高のカラーシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

【ガチ検証】カラタスNH2+のムラサキシャンプー&トリートメントだけでホワイトカラーを作れて更にキープ出来るのか試してみた!

https://shinichihonda.net/?p=88527

 

【ガチ検証】カラタスNH2+の最強ムラサキシャンプーとトリートメントの効果が凄い!!

https://shinichihonda.net/?p=88450

 

"カラタスNH2+"ピンクシャンプーとトリートメントがラベンダーやピンクアッシュに必要不可欠!!

https://shinichihonda.net/?p=88482

 

 

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

https://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

撮影 023
大阪で日々アッシュグレーを染めまくっている本田晋一と申します。

「髪の毛を明るくしたいな~」

と思っている方は多いんじゃないでしょうか。

明るくしたいけど派手にはしたくない!
そんなこのご時世。

ハイトーンの土台を作った後の色味の入れ方が大事です。

外国人風カラー”アッシュグレー”を明るく染めたい方オーダー5選

DSC_6455

そんな方に参考になる明るめの外国人風カラーを5選ご紹介します。

次回のヘアカラーのオーダーの参考にしてください!

 

1)外国人風ミルクティーアッシュ

20160423061957 20160423061952

ハイトーンのミルクティーアッシュです。

ブリーチは1回は必要ですが最近ではダメージのないブリーチもありますのでご安心ください。

ブリーチ毛は黄ばみが出やすいので明るめでもミルクティーにすることでお洒落なハイトーンに仕上がります!

 

2)ハイライトが最高な外国人風カラー”ハイトーンブルージュ”

20160420062415 20160420062257

ハイライトを全体にしっかりと入れて一度流した後にハイトーンのアッシュグレーをのせました。

ハイライトが奇抜になりすぎないのでお洒落感がかなり増します!

オススメです!

3)明るめの外国人風ミルクティーアッシュグレー

20160311074928 20160311074905

明るめアッシュグレーです。1度ブリーチをして明るくしてからしっかりと色味を入れるダブルカラーです。

赤味と黄色味をうまく打ち消すことで透明感のあるハイトーンカラーを再現できます。

 

4)ブリーチ必須なプラチナミルクティーの外国人風アッシュグレー

20160228105200 20160228105142

ブリーチは必ず必要になりますが全く黄ばみや赤みの出ない透明感のあるアッシュグレーがオススメです!

これこそハイトーンカラーの極みではないでしょうか。

明るくお洒落にされたい方は必須です!!

 

5)赤味のないハイトーンプラチナミルクティーアッシュベージュ

20160217082606 20160217082558

こちらもアールブリーチが必須になりますがハイトーンカラーの極みです。

黄色を絶妙に残して外国人の金髪をイメージしてます。

めちゃくちゃ可愛いのでおすすめします!

 

いかがでしたか?

この夏はお洒落なハイトーンカラーで周りに差をつけちゃいましょう!

ハイトーンにされたい方は是非アールブリーチの使用をオススメします!

【ガチ検証】ブリーチ革命!!本当に傷まない【アールブリーチ】がヘアカラーを変える!!

こちらに凄さを書かせてもらっています。

これは本当にブリーチ革命です!ダメージをかなり抑えてますので参考にして下さい。

最高にヘアカラーライフを提供します!

かなりハイトーンなお洒落カラー
ムラサキシャンプーなどを使えばホームケアもバッチリです!!

まだまだご紹介したいハイトーンカラー

是非ご相談ください!!

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク