最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

 

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

昨日は関西マルチバース主催の石渡さんによるセミナーでした。

第4回石渡さんによる10年後までに必要な戦略セミナー。マルチバースin本町

毎回たくさんの学びを得れる物凄く為になるセミナーです。

5年後、10年後の為に今必要なことを再確認できました。

詳しい内容は控えますが本田ノートには

選ばれないから金額や、家から近いとか、で選ばれる。

自分のウリを決める
割り切る。

他社との区別化された戦略。
その違いを認識してもらうからこそ継続的な顧客になる。

あなたがお客様に売っているものは何ですか??

〈本田ノートより〉

僕は定期的にこのようなセミナーには必ず参加するようにしていて常に知識を得ようとしています。

それはもちろん自分の為でもあるのですが

アシスタントの子達の為に

という想いもあります。

これから人口が更に減少していくなかで5年後、10年後というのは今20代前半のアシスタントの子達がスタイリストになって一人前になったときに直面する問題です。

1年、1年、目まぐるしく変わる時代のなか、いつ何がひっくり返るかわからかい時代ですよね。

その子達が活躍するときに必要な環境を作る上で、5年後、10年後の為に必要なことを知り、行動しておくことがどれ程大切かを知っているからです。

5年後.10年後のことより今を精一杯頑張る!
そうすれば未来は必ず明るい!!

この言葉の真意は【上の人間】には当てはまることだと思っていて

ことアシスタントの子達は自分がスタイリストになる為に必死ですからそんなことを学んでる余裕がない人の方が多い。

いざスタイリストになって活躍するときに今とはガラッと業界が変わっていたときにそれに対応できるかできないかは本当に幹部次第だと思ってます。

上が先のことを明確に知り、5年後.10年後を見据えてどんな理念をもち、それをどうビジュアル化して伝え、共有し、教育する。

その為に常に勉強してます。

セミナー後はいつものように

懇親会

学びを復習します。

選ばれる為に選ばれないものを提示する必要性

これはセミナーを通じて心に残る言葉です。

会社にしても、お店にしても、個人にしてもこれから本当に大切になってくることは

確固たるブランディング

だと思っていて、ブランディングが出来ていないと【選ばれる】ということにはなりえないと思ってます。

最近はインスタやBlogをしてる美容師さんが増えてますのでその中で、フォロワーが増えない・・・PVが上がらないなどの質問をよく受けます。

自分にも当てはまることなんですが答えは簡単!

ブランディングができていないから

だと思います。

選ばれる為の発信がブレている。
(例えばインスタなどに関しては、色々な写真をあげすぎている…など)

これはある程度、自分のウリを明確にする為にコンテンツを幾つかに絞る。

誰が見ても何を発信してるのかがかるようにすることなのかなと。

言い換えると

必要のないコンテンツは減らす。絞る

選ばれないコンテンツを出さないように発信する。

例えば

「カジュアルなスタイルが得意な美容師」

でブランディングしたいなら

「モード系やギャル系のスタイルの発信はしない」

カジュアル系に特化した発信をすることが大切なのかなと。

「パーマが得意なスタイリスト」

でブランディングしたいなら

「カラー系の発信はあえてしない」

あれもこれもというよりはこれがウリです!!
と発信してるほうが選ばれやすいのかな。

そんな事を感じ、またそんな事を議論し、常にやるべきことを再確認して日々行動しています。

今月も大変の学びをありがとうございました!!

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。
地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。
スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。
沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、
は今後とても重要なスキルだと思います。
そういったノウハウを一から学べる唯一無二のオンラインサロンです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク