最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

怪しい水【N-OA】N-OAで最高品質の艶感を手に入れませんか?

今までに感じたことのない艶感&質感に!!

 

http://shinichihonda.net/?p=80522

こちらのまとめ記事をご参考ください。

 

THROWのアッシュシャンプー情報

先日にこんな記事を。

THROWからアッシュシャンプーが登場します。

そしてオンラインサロン Routineのオーナー3人には先行でこのアッシュシャンプーが手に入ったのです。

そこで思いました。


「どのアッシュシャンプーが優秀なのか。」

 

 

そう。

なんでも検証しないと気が済まない本田としては比較したくなりますよね。

アッシュシャンプー

ムラサキシャンプーやシルバーシャンプーなどと何が違うのか?

どうせ使うならやっぱりいいの使いたいですよね?

 

どうせ使うならよりアッシュの色持ちが良いシャンプーのほうがいいですよね??

ビューティーエクスペリエンスさん曰く

THROWのアッシュシャンプーが1番濃い!!

と自信満々で言っておられたので
本当なのか?

嘘ついてんじゃねーか?

嘘か本当か。これはもはや調べて真実を明らかにするしかありません。

 

 

ということで検証することにしました。
本田のガチ検証です!!

ガチ検証!!カラーシャンプーの比較決定版!!

今回は3つのカラーシャンプーで比較してみます。

まずはこちら

N.(エヌドット)シルバーシャンプー

エヌドットシリーズのシルバーシャンプー。

こちらはアッシュの色持ちを良くするシャンプーです。

特徴は

アッシュ、青系の褐色を抑えてより色味を長持ちさせます。
シアバターや天然由来の成分配合で髪のダメージを軽減し、つややかで弾力のある健やかな髪へと導きます。

そして

 

 

CARATAS(カラタス)シルバーシャンプー

こちらもシルバーシャンプー。
ネットで安価購入が可能です。

特徴は

染めたてのカラーを長持ちさせ黄ばみを抑え、好みのテイストで色落ちのカラーも楽しめます。

 

 

そしてこちら

エンシェールズシルバーシャンプー

こちらは今まで僕がオススメしていたカラーシャンプーです。

こちらの検証記事を見ていて頂いたら全てわかります。

 

 

そして本命。

THROWアッシュシャンプー


画像解禁はまだです。

こちらがこの春に発売される THROWのアッシュシャンプーです。

特徴は

線量の流出を抑えると同時にツヤ、うるおいを与え、褐色が進行していく中で抜けていくシアブルー染料を補います。赤みを抑え THROWカラーの本質であるアッシュの色持ちを向上させるカラーケア。

もう少し詳しく解説しときます。

シアブルー

THROWカラーの特徴である赤味抹殺に必須のシアブルーをそのまま補うことができます。

これは THROWカラーのアッシュ系で染めた髪の毛にそのまま色味を補う感覚なのでより色持ちするんですね。

さらにうるおいプラス効果も。

CMC保持成分により保湿力を高め、うるおいを与えてくれます。

なんとも期待大ですね。

ですが実際に検証してみないことにはなんとも言えないのでガチで検証してみたいと思います!!!

 

 

検証方法

今回はどのカラーシャンプーが1番色味が濃いのかを検証します。

色味が濃いということはそれだけ

アッシュを補う力が強い

ということの証明になり、より色持ちを高めてくれることになりますね。

カラーシャンプーは意外と使っている人ならわかると思いますが

あまり実感がない、、、

という声もよく聞きます。
より濃いカラーシャンプーがあればそれを使うに越したことはないのです。

ということで

4種類の毛束を用意しました。

左・・・ スロウ
左真ん中・・・・エヌドット
右真ん中・・・カタラス
右・・・エンシェールズ

ここにカラーシャンプーを合計7回した時の染まり具合を検証したいと思います。

約1週間使った時の効果を体感したいと思います。

使い方

シャンプーを泡だてて5分放置して流します。

注)髪のダメージや色の濃さなどにより個人差は確実にあるので検証結果通りにならないことはあります。あくまで退色の違いを見てもらえたらいいと思います。

では検証スタート!

 

 

使う前

ここからスタートしていきます!!

まずは

エヌドットシルバーシャンプーから見て見ましょう。

手に出すとシルバーです。

塗るとこんな感じに。

 

 

 

次は

カラタスシルバーシャンプー

ちょっと濃いシルバー

こちらも意外と色が入るような気がします。

 

 

 

次は

エンシェールズシルバーシャンプー

こちらもシルバー

いい感じの濃さですね。

 

 

 

そして本命

スロウアッシュシャンプー

ちょwww

 

シアブルー効果でしょうか!
青みがかってかなり濃い!

今までと違います!!!

これはなんか期待大かも、、、

 

 

そして5分後流しました。

 

 

 

1回目結果

これやばいwww

 

 

●エヌドットシルバーシャンプー

黄ばみがとれて色味が入った感じがします!

 

 

●カラタスシルバーシャンプー

ちょっと黄ばみがとれたくらいであまり実感ありません。

 

 

●エンシェールズシルバーシャンプー

エヌドットとカラタスの間くらいです。
ここまで見るとエヌドットが優秀かと思いきや、、、

 

 

●スロウアッシュシャンプー

なにこれw

 

すごっ!!!!!

一回でここまで黄ばみがとれました!!
てかアッシュに染まってるやん!!!

これ凄いかも、、、

このまま連続で検証していきます!

 

 

2回目結果

凄い!!!

 

 

3回目結果

凄い!!!!

 

 

4回目結果

ファーーーーwwww

 

 

5回目結果

見るからに違うっ!!!

 

解説いりませんよね。。。

 

 

6回目結果

●スロウアッシュシャンプー
まじ綺麗なアッシュです。

●エヌドットシルバーシャンプー
シルバーが強いせいか若干緑っぽく

●カラタスシルバーシャンプー
意外と薄くてほぼ代わり映えないwww

●エンシェールズシルバーシャンプー
何だかんだ安定してるシルバーかも。
ミルクティーグレージュみたいになってます。

染めれば染めるほどその差は歴然!!!

めっちゃ面白いですね!!

いよいよ次がラスト!!!

 

 

7回目結果

7回連続でこの結果になりました!!!

どうでしょう?

染める前

同じ土台だったハイトーンの毛束が

7回連続のカラーシャンプーにより

ここまで変わるんです!!!

これ凄いことですよね!?

 

 

検証結果がでました。

検証結果総括

●エヌドット

シャンプー&トリートメント両方に染料配合されている事で、染毛力は高いと感じられる。色の持続性は期待できる。但し、ハイトーンに使用した際にマットに振られる傾向がある。

 

 

●カラタスシルバーシャンプー

染毛効果としては、スロウやエヌドットとひかくして染毛力は低い。アッシュカラー対応用として、やや青み染料を補う程度。使用効果は実感しにくいかと。

 

 

●エンシェールズシルバーシャンプー

使用感は感じます。
緑っぽくもならずにミルクティーグレージュのように色味が付きます。
めちゃくちゃ良いとは言えませんが悪くもなく安定的な感じですね。

 

 

●スロウアッシュシャンプー

アッシュカラー対応用としては、他社と比較しても青みが強いと感じられる。シャンプー単体でも染毛力の高さがある。退色しやすい青みの持続性は が実感できる!!

しかしこれは驚いた!!

「全然違います!!!」

ここまで色のクオリティーに差が出るとは・・・

アッシュの色持ちならスロウアッシュシャンプーの勝利!!

「皆さん!!マジで発売したら使いって見て感じてください!!」

色持ちが全然違うと思います。
使い方などわからなかったら是非LINE@にてお問い合わせ下さい!

1番いい使い方をレクチャー致します。

何度も言いますが最後に

アッシュの色持ちなら使った方がいい!!

とだけ言わせてもらいます。

悔しいですがガチで検証したら1番濃かったです。

補足

今回の検証はあくまで【アッシュの色持ちのシャンプー】として検証しました。
ホワイトカラーやシルバーなどの色味に関してはまた違った見解になるかと思います。

ホワイトカラーにこのスロウのアッシュシャンプーはちょっと濃すぎますね。
ムラサキシャンプーのほうが白をキープできるから。

などそのカラーの色味によって使い方は変えた方が良いです。

1番いい方法は

【担当の美容師さんにオススメは何かを聞くこと!!】

です。

美容師さんを信頼してより綺麗なヘアカラーを手に入れましょう!!

是非参考にしてみて下さい。

髪の毛を白くしたい方必見のムラサキシャンプー登場!

このムラサキシャンプーは本当に優秀なので是非ご参考下さい!!!

まだまだ退色防止アイテムあります!!

いろもち

 

こちらの検証記事も参考に!

 

ハイトーンカラーの検証

参考になればと思います。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク