最高のムラサキシャンプーをガチ検証

ハイブリーチされている方必見です!!

http://shinichihonda.net/?p=78479

こちらの検証記事をご参考ください!

 

いよいよ夏本番!!

大阪で美容師をしている本田です。

この時期ヘアカラーをされたいお客様が大変多くいです。そのオーダーの範囲はとても広く

 

「夏だから明るくしたい」

これは明るくすることで気分も上がる!そんな心情ですね。

 

「夏だからあえて暗くしたい」

周りと同じじゃ嫌な方はあえて暗くする方も。あとは明るいと黄ばみが出やすいので髪を綺麗に見せてい女性の方も。

 

「明るくしたいわけじゃないけど今より暗くはしたくない」

今より明るくなるのは嫌。でも夏だから暗くはしたくない。

 

アッシュカラーがベース

 

ようするに【何でもアリ】なわけですよね。

明るさは自由です。流行も何もない。そこにあるのは【貴方らしさ】それだけでいいんだと思います。

そんな方に本田がオススメするアッシュカラーの厳選3パターンをご紹介します。

それは

 

  • ブルーアッシュグレー
  • モノトーンアッシュグレー
  • パープルアッシュグレー

 

この3色です。少しずつ見え方や表現の仕方が違うので1つずつ詳しくご紹介させて頂きます。

 

1)ブルーアッシュグレー

 

特徴・アッシュグレーの透明感に加えてブルー(青み)を強めました。アッシュは濃く染めると緑になりがちです。緑にならずに青みを強めることでより純度の高いアッシュを再現することが出来ます。しかし色味が濃い為に基本暗くすることをベースに仕上がりは落ち着いた印象に。透明感は凄く出ます。

 

明るさ・・・・・・落ち着いて見える 光に当たると柔らかい・透ける

色味・・・・・・・かなり濃い目

艶・・・・・・・・★★★★★

透明感・・・・・・★★★★★

色持ち・・・・・・かなり濃いので持ちやすい

20160611054110 20160611054117

代表的な”ブルーアッシュグレー”です。毛先にかけてのブルー感がオススメです。

ちなみのこのブルーアッシュグレーは退色しても綺麗なのと色持ちが良いです。それは濃く染めたからです。

それに関してはこちらの記事をお読みください↓↓

 

 

 

2)モノトーンアッシュグレー

 

特徴・モノトーンは透明感を引き出します。色味は寒色系なのでアッシュ系ですが青みをそこまで強めないので濃く染めてもまろやかに。1番の使い道は明るめの方。黄ばみを効果的に抑え、赤味も打ち消してくれます。暗くしたくない方などにはとてもおすすめなcolorです。

 

明るさ・・・・・・明るくしたい方でも黄ばみや赤みが消せる。

色味・・・・・・・薄い

艶・・・・・・・・★★★

透明感・・・・・・★★★★★★★★

色持ち・・・・・・色味が薄いので良いほうではない

 

20160625072537 (1) 20160625072547

先程の”ブルーアッシュグレー”に比べると色素が薄いのがおわかりでしょうか。

このようにモノトーンは色のまろやかさ、透明感を引き出します。また違った印象になりますので明るめでキープしたい方にはとてもお勧めです。

詳しい参考記事はこちら↓↓

 

3)パープルアッシュグレー

 

特徴・アッシュカラーは濃く染める時に色味が緑にならないようにする為にパープル(紫)を入れることがあります。そのパープルを強めに入れることでアッシュグレーの透明感の中にほんのりパープルを表現できます。アッシュに飽きてしまった方や少し雰囲気を変えたい方にオススメ!艶感が最大限に引き出せ髪の毛がとにかく綺麗に見えます。

 

明るさ・・・・・・色味が濃いので落ち着いて見える

色味・・・・・・・かなり濃い

艶・・・・・・・・★★★★★★★★

透明感・・・・・・★★★★★★★★

色持ち・・・・・・3つの中で1番持ちが良い

 

20160619075050 20160619075107

1番落ち着いて見えるのがこの”パープルアッシュグレー”です。上品・上質思考な女性の方にオススメです。

パープルの濃さを変えることで光に透かしたときのパープル感を調整する事が出来ます。

ラベンダーよりのパープルやピンクよりのパープルも再現できます。

【ラベンダーよりの参考記事↓↓】

 

【ピンクよりの参考記事↓↓】

 

いかがですか????

 

  • ブルーアッシュグレー
  • モノトーンアッシュグレー
  • パープルアッシュグレー

この3パターンがあれば今年のヘアカラーを楽しめそうじゃありませんか?

1人1人の髪質や土台を見極めて薬剤を調合してます。そんなこだわりのあるヘアカラーにしてみませんか?

是非ご参考ください。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

★特に読まれている記事
スポンサーリンク